くまのめ日記

くまのめ日記

石川県金沢市 テディベア英語教室のブログです

ライティングセミナー@金沢


4月22日(日)、東京の鷗友学園女子中高で英語講師を務めておられます、山下陽子先生を金沢にお迎えし、ライティングセミナーを開催しました。

中学生の英作文を見ると、何を主張したいのかぼやけている、内容があっちこっちに飛ぶ、自分の意見が日本語でもまとまらず、鉛筆が一向に動かない。
小学生だと「休日は何した?」「どこか行った?」という質問に、延々にう~んう~んと悩み続け

「・・・忘れた」 「何もしていない」


という答えが返ってくる、という場面が非常によくあります。小学生の時から簡単なことを自分の言葉でしっかり伝える力、そして論理的に書いていく力をつけるために山下先生が勤務校で実際に取り組んでおられることを、具体的に教えて頂きました。







可愛くておいしい、安心・安全なお弁当はこちらで→




去年名古屋で山下先生のライティングセミナーを二日間に渡って受講し、ぜひ北陸の先生方とも学びを共有したい!という思いから実現した今回の金沢セミナー。予約開始からあっという間に満席、北陸3県のみならず、東京・名古屋・岐阜・高山・滋賀など遠方からもたくさんの先生がご参加くださいました。





慣れないファシリテーターに始終ドタバタし、至らぬ点も多々あったかと思います。でも皆様の温かいサポートと笑顔に励まされました。ありがとうございます!
山下先生、中村麻里先生、心から感謝致します!

Happy Easter 2018


新年度はイースターレッスンで始まりました!


学年やレベルに応じてイースタービンゴをしたり


工作をしたり


イースターのアニメを見たあとに英語で記憶力クイズをしたり


イースターエッグに隠されたナゾナゾを解いたり


イースターについて学んだりしました。


Easter Bunnyの耳をつけてくれるのは女の子だけでした。だよね!





Happy Easter!!

Merry Christmas 2017!!


本日で今年のレッスン全てが終了しました! 1週間のクリスマスレッスンでは




お菓子のchristmas tree を作ったり・・・






サンタクロースとトナカイのカップケーキを作ったり・・・







cup song を歌ったり





可愛らしく歌ったり




クリスマスのゲームをしたり



プレゼント交換や年賀状の住所交換までもが始まったり


可愛くサンタさんの恰好をしてきてくれたり




と、風邪でお休みの子も実は多かったのですが、とっても楽しいひと時でした!そしてなんと



お母さまからクラスのみんな(と私)にこんなかわいいクリスマスプレゼントが。全部好き!さらには



パン教室に通われているお母さまからクグロフが!しかもこのクグロフ、ご自分で酵母から作られているのです。とーっても美味しかったです。
久しくプレゼントなぞもらっていなかったのでテンション上がりました。ありがとうございます。そんなサンタの帽子を被った浮かれた私のもとに(クリスマスレッスン中だったので)突然運送屋さんのが配達に現れてちょっと笑われました。ちょっと笑われたけれど結構恥ずかしかったです。




今年もブログを訪問してくださりありがとうございます!みなさまにとって素敵なクリスマスになりますように。そして良いお年をお迎えくださいね!

Happy Halloween! 2017


ハロウィンレッスンの様子です。(集合写真が届いていない、また希望の保護者様はお知らせください。)















帽子渋滞。




高学年女子はface paintingやマニュキュアが大人気でした!



” Trick or Treat!! ”




私の分まで用意して下さった保護者様。お心遣いありがとうございます!





去年もゲームで使ったグミ。





そしてハロウィンレッスン最後の高学年クラスは、保護者様全員とテディベア中学生のお姉さんや妹さん達が総出でお手伝いにきてくださり、とても賑やかなtrick or treatとなりました。しかも保護者様全員がご厚意でお家からお菓子をたくさん持って下さり、私が用意したミニバックでは入りきらないという嬉しいハプニングも。とても寒い日だったのですが、子ども達とお母さま達の笑顔に心が温かくなり、今年が最後のハロウィンとなる、6年生保護者様からのメールにジーン・・という、私にとってもハッピーな日となりました。やって良かったな。ご協力くださった保護者様、本当にありがとうございました。





今年のコスチューム大賞!覆面を取るとバッチリ歌舞伎メイクを仕込んでいた男の子。お母さま手作りのpineapple girl。流行りのミニオンにアオザイガール。そして血糊たっぷりのゴージャズな女王様!





そしてわたくし、生徒さんの弟さんのチビッコポリスに目が♡になりました。そんな目で見られても!可愛すぎる!


Happy Halloween!!

リテラシー講演 in 神戸

最新情報はテディベア英語室facebookページでお願いします。


本日は神戸にて中村麻里先生の「小・中学生のリテラシースキル」を受講して参りました。

私が尊敬し、信頼するマリ先生。マリ先生の講義を受けるたび、私は心がとても静かになり、自分の指導を冷静に振り返ることができます。

前後割愛しますが、長く通っているこれまた大好きで尊敬するヨガの先生が、


強いて例えるなら、

「判断」より、「直感」。

「正しさ」より、「楽しさ」。

「厳しさ」より、「甘さ」。

みたいな感じでしょうか。

かくいう私も、昔はバリバリ前者だったように思います。後者を選択することと、怠惰との違いがよくわかりませんでしたし・・・。

後者はどちらかといえば、地に足をつけて生きることと反対のイメージでした。

が、ここにきて一方で感じているのは、

前者では、頭で想定できる以上のことは受け取りにくい、

私たちの本当のポテンシャルというものがあるとして、さらにそれが引き出されるヒントみたいなものがあるとしたら、

それは、後者の方に、よりあるのではないかと思ったりもしています。


と仰っていたことに非常に共感したことを、受講しながら考えていました。そして英語学習においては、このバランスがとても大事だなぁ、思ったのです。


case by case で、子ども達が時にツツツーッ…と前者や後者に傾きすぎた時、例えばやじろべえの真ん中のように、くいっ、と一旦平衡に引き戻し、再びバランス良く学べる状態に戻してあげる。そうすることによって、子ども達のポテンシャルをバランスよく、最大限に引き出してあげることができる…これが指導者の役割なのではないかと。私はうっかりすると自分自身がかなり前者寄りになってしまうので、指導者は常に自分のバランスを意識する必要があると。



子ども達を常に観察し、1つ1つのアンバランスだった点が、数年後には一気に繋がり、バランスの取れた、それこそ子ども達のポテンシャルを引き出す英語力までに成長させる・・やじろべえの支点に立つマリ先生のすばらしさを改めて実感しました。




って書くと、何だか講義中ずっとやじろべえのこと考えていたのですねあなた、って感じですね。
学びが多すぎて書けないのです。

学んだことはこれからしっかりレッスンに活かしていきます。