くまのめ日記

くまのめ日記

石川県金沢市 テディベア英語教室のブログです

Happy Halloween! 2017


ハロウィンレッスンの様子です。(集合写真が届いていない、また希望の保護者様はお知らせください。)















帽子渋滞。




高学年女子はface paintingやマニュキュアが大人気でした!



” Trick or Treat!! ”




私の分まで用意して下さった保護者様。お心遣いありがとうございます!





去年もゲームで使ったグミ。





そしてハロウィンレッスン最後の高学年クラスは、保護者様全員とテディベア中学生のお姉さんや妹さん達が総出でお手伝いにきてくださり、とても賑やかなtrick or treatとなりました。しかも保護者様全員がご厚意でお家からお菓子をたくさん持って下さり、私が用意したミニバックでは入りきらないという嬉しいハプニングも。とても寒い日だったのですが、子ども達とお母さま達の笑顔に心が温かくなり、今年が最後のハロウィンとなる、6年生保護者様からのメールにジーン・・という、私にとってもハッピーな日となりました。やって良かったな。ご協力くださった保護者様、本当にありがとうございました。





今年のコスチューム大賞!覆面を取るとバッチリ歌舞伎メイクを仕込んでいた男の子。お母さま手作りのpineapple girl。流行りのミニオンにアオザイガール。そして血糊たっぷりのゴージャズな女王様!





そしてわたくし、生徒さんの弟さんのチビッコポリスに目が♡になりました。そんな目で見られても!可愛すぎる!


Happy Halloween!!

リテラシー講演 in 神戸

最新情報はテディベア英語室facebookページでお願いします。


本日は神戸にて中村麻里先生の「小・中学生のリテラシースキル」を受講して参りました。

私が尊敬し、信頼するマリ先生。マリ先生の講義を受けるたび、私は心がとても静かになり、自分の指導を冷静に振り返ることができます。

前後割愛しますが、長く通っているこれまた大好きで尊敬するヨガの先生が、


強いて例えるなら、

「判断」より、「直感」。

「正しさ」より、「楽しさ」。

「厳しさ」より、「甘さ」。

みたいな感じでしょうか。

かくいう私も、昔はバリバリ前者だったように思います。後者を選択することと、怠惰との違いがよくわかりませんでしたし・・・。

後者はどちらかといえば、地に足をつけて生きることと反対のイメージでした。

が、ここにきて一方で感じているのは、

前者では、頭で想定できる以上のことは受け取りにくい、

私たちの本当のポテンシャルというものがあるとして、さらにそれが引き出されるヒントみたいなものがあるとしたら、

それは、後者の方に、よりあるのではないかと思ったりもしています。


と仰っていたことに非常に共感したことを、受講しながら考えていました。そして英語学習においては、このバランスがとても大事だなぁ、思ったのです。


case by case で、子ども達が時にツツツーッ…と前者や後者に傾きすぎた時、例えばやじろべえの真ん中のように、くいっ、と一旦平衡に引き戻し、再びバランス良く学べる状態に戻してあげる。そうすることによって、子ども達のポテンシャルをバランスよく、最大限に引き出してあげることができる…これが指導者の役割なのではないかと。私はうっかりすると自分自身がかなり前者寄りになってしまうので、指導者は常に自分のバランスを意識する必要があると。



子ども達を常に観察し、1つ1つのアンバランスだった点が、数年後には一気に繋がり、バランスの取れた、それこそ子ども達のポテンシャルを引き出す英語力までに成長させる・・やじろべえの支点に立つマリ先生のすばらしさを改めて実感しました。




って書くと、何だか講義中ずっとやじろべえのこと考えていたのですねあなた、って感じですね。
学びが多すぎて書けないのです。

学んだことはこれからしっかりレッスンに活かしていきます。

留学説明会でした。


本日は留学説明会を開催しました。元テディベア英語教室生の2人の高校生に第1次・2次審査の心得などを発表してもらいました。まずは高校1年生のNちゃん。Nちゃんは来年からオーストラリアにテニス留学に行きます。





そして高校3年生のRちゃんは、去年夏、アボリジニアートを学ぶためにオーストラリアに行きました。





質問タイム”英語で困ったことはありましたか?”




説明会終了後もたくさん質問されていました。




私の出る幕はないほどしっかり堂々と発表をしてくれた2人。すごいなぁ。本当にありがとう!!

今回の説明会が、だれかの心に響き、そして将来の選択肢のひとつになればいいなぁ。と思っています。
たくさんのご参加、本当にありがとうございました!!

滋賀でのセミナー

今月初旬に

こんなセミナー開催するけれどどうですか?

と,滋賀の園子先生からお誘いがあり、行きますと即答。お店でのメニューも迷わず直感即決の私ですが、今回も同様でした。そして海の日の昨日、滋賀へ行って参りました。


ENTAOカードの考案者でもあり、今回講師をしてくださったErika先生。美人でエレガント、なのに始終ドタバタ笑 そして面白くって元気いっぱい、とーってもチャーミングな先生でした!

子ども達の全てを受け入れたい。自己肯定感を育てたい。という思いから生まれたこのカードは、子ども達への愛で溢れているエリカ先生だからこそ作れたのだろうなぁ、と思わずにはいられません。使い方は無限。これから少しずつレッスンでも取り入れていこうと思います。



そして今回参加されていた先生方とは初対面だったのですが、以前から教室facebookページをフォローしてくださっていたり、他の先生のSNSを通じ、私のことを知っていたりと、とってもご縁を感じました。新しい出会いとご縁に感謝です。


セミナー後の電車時間が迫る中、主催者の園子先生が超特急で色々なところに連れて行ってくださり、大満足の滋賀セミナーとなりました。Erika先生、園子先生、そしてご一緒した先生方、本当にありがとうございました。





そうそう、セミナーの途中で、右隣にいる先生の印象を43枚のカードから選び、そのカードを選んだ理由を教えてください。というのがあり、私の印象はこのカード、そして仰ってくださった理由はとても嬉しいものでした。
こうして人から見る自分の印象を聞くことは、自己肯定感アップにつながりますね!

アメリカからのお友達。

アメリカ出身のヤマト君が、約2年振りにテディベア英語教室にきてくれました。その時の様子はこちら。



サンフランシスコに住むヤマト君は、夏休みを利用し、今年も教室生のユウヤ君のお家にホームステイしながらユウヤ君と同じ小学校に通っています。




去年はユウヤ君が、ヤマト君に会いにサンフランシスコに行きました。その時の写真を見せながらサマーキャンプのことやアメリカの食事、トイレ情報などをお話ししてくれました。



英語でヤマト君に質問タイム!ちゃんと通じたかな。





最後少しだけ時間があったので、何かある?と聞いたら、Hangmanしよう、とヤマト君が提案してくれました。




笑顔がたくさん見れました!!




お久しぶりのヤマト君。「先生のこと覚えている?」と聞くと瞬時に

“No.”  そのあとTrue or False game をしたとき、2年前も使ったこのプラカードを見て

“あ~これ前も使ったね~!”

と。プラカードに負けた私。




今回残念ながら1人お休みでしたが、ハイチーズ!

みんなとにかく楽しそうでした。

海外に住む、英語も日本語も自由に話せる同学年の子との出会いは、たとえ短くても子ども達にとっては印象深く、忘れられない時間になったのではないでしょうか。そして
「ヤマト君の住むサンフランシスコに行ってみたいな」「もっと英語で話せるようになりたい!」など、こういう体験を通して、これまで持っていなかった興味や、モチベーションがみんなの心の中でポッと芽生えてくれるといいなぁ、と思っています。
Thank you for giving us such a wonderful experience and precious memory , Yamato!